渋谷区 子どもたちを放射線から守る会

放射性物質による無用な被曝から、子どもたちを守りたい。子どもたちに健康な未来を約束したい。           放射能について素人でも、必要な知識を勉強・共有すれば、大きな力を作って行動できると思います。

渋谷区への活動

秋の行楽シーズン 渋谷区長に話しかけよう

これから10月にかけては、渋谷区内の小学校・保育園(幼稚園も?)などで、運動会が行われるところも多いと思います。

我が渋谷区長は、そうした場所にはよく顔を出されるそうです。

みなさん、もし区長を見かけたら、子どもを守るための取組みについて気になっていることを、どんどん話しかけてみましょう! 

渋谷区を動かすには、区長を動かすのが最短で確実と、多くの方からアドバイスいただいております。
みなさまご協力よろしくお願いします

なお、区長に話しかけるときは、ママ一人で話しかけるより、パパも一緒に話してもらったほうが効果的、とのご意見もいただいております。ご参考までに。続きを読む

渋谷区保育課からお返事がきました

前回、渋谷区保育課へ、保育園の清掃希望と園長先生の勉強会についてのご提案を提出し、同じ内容を渋谷区長にもメールしたと記事にしましたが、お返事がきました。

結論としては・・・はっきり言って「ゼロ回答」です。 


ただ、お役所の立場として、文書の形(後に証拠となって残るもの)で発信するとなると、こういう書き方しかできないのかもしれないな、とも思います。

また、文書で回答をもらえることになったのは、「区長へのメール」をしたことにより、区長サイドから「ちゃんと返事しなさいね」とのプレッシャーが保育課にかかったようです。

「区長へのメール」はちゃんと然るべき方に読んでいただけているようだということがわかったことは小さな収穫です。続きを読む

渋谷区立保育園清掃希望と園長研修の提案を提出しました

8月22日に渋谷区の保育課へいき、係長さんに書類を手渡してきました。
そして、本日、渋谷区のHP「区長へのメール」から、区長にもメールをしました。
https://www.city.shibuya.tokyo.jp/cgi/form/mail_mayor/

子どもたちを無用な被曝から守る為の取組みをお願いすべく、渋谷区役所(例えば保育課)へ直接出向くと、とても丁寧に対応いただけます。

ただ、その場だけいい顔をして資料を受け取っていただいても、実際に行動につなげていただかないことには、全く意味がありません。

私は毎回区役所へ行くたびに、この懸念を感じています。
(なぜならその昔、金融機関で窓口業務を行っていたとき、苦情を言ってくるお客さんについては必ず笑顔で受け止めるものの、自分があまりそれを重要と思わない内容については、結果的に受け流していた私自身の経験があるからです

区の担当の方々に動いていただくためには、区民の声を大きくすることが必要です。

ご賛同いただける方や、ご自身でも働きかけをされたいと思っている方は、それぞれのやり方で渋谷区に対しアクションを起こしていただけると嬉しいです。 その一つ一つが大きな声につながっていきます。

さて、私たちが要望したものは以下のとおりです。続きを読む

渋谷区に問い合わせしたいと思ったら

土壌調査や給食食材など、放射能汚染に関する問い合わせをするにも、決定権限のあるところへ問い合わせしないと、たらい回しや無責任な回答で終わってしまいます。

渋谷区の連絡先を簡単ですがまとめました。続きを読む

署名・請願提出→継続審議となるまで

311以降、本格的にtwitterを始めました。(アカウントはmohalahelia)
最初の頃は、放射線被曝についての不安をつぶやく以上に、他の方々のツイートから得る情報が有用で、毎日原発情報を追っていました。

でも、請願提出を決意して、そのことをつぶやき始めた頃から、他の保護者さんや、渋谷区議さんからまでも、コメント・問い合わせをいただくようになりました。

結局、請願提出にあたっての署名のお願いは、自分の知り合い以外は、Twitterでしか集めていません。

それなのに、たった5日間ほどで、渋谷区を中心に、でも全国各地から3,373名もの手書き署名をいただくことができました。

Twitterで繋がった方々が、本当に一生懸命、短期間で署名を集めてくれました。本当に感謝・感謝です。

その間に私は請願書の文面の調整、紹介署名をいただくための渋谷区議へのアポ取り、面談、根回しなど、走っておりました(といっても仕事の合間にだったので、活動時間がかなり限られてしまいましたが・・)。

なるべく多くの渋谷区議に賛成してもらえるよう、請願の文面はだいぶ修正しました。
修正の経緯や、根回しの際の細々した裏話など、詳しく説明したいのですが、ちょっとその時間が今ありません。
今後どこかでアップできればいいなと思っていますが、まずはこちらのTwitter呟き集で、とりあえずのご報告とさせてください。

渋谷区「放射線被曝から子どもたちを守るための請願」提出の報告
~6月8日に請願を提出するまでのドタバタ劇~
http://togetter.com/li/151189

渋谷区「放射線被曝から子どもたちを守るための請願」委員会で採決されず、継続審議となったことの報告。
http://togetter.com/li/151201



結局、請願の内容について、「必ずやります」と渋谷区から公式に確約を得ることはできませんでした。
ただ、「継続審議」となったことで、現在も所轄の福祉保健委員会が開かれ、渋谷区の担当者と話し合いを続けているので、推移を見守り、要望は区議を通して伝えることも可能です。

どんな形であれ、子どもたちを被曝から守るための措置をとることができれば目的は達成されると考え、日々できることを働きかけ、また、自分自身も自衛していくしかないと思っています。

最後に、渋谷区議会へ提出した請願本文を掲載します。



子どもたちを放射線被曝から守るための請願


 去る531日、桑原区長が渋谷区内の放射線量を独自に測定される方針を他自治体に先駆けて公表されましたことは、子どもを持つ渋谷区の多くの父母の意を反映するとともに、非常に勇気あるご決断であると考えております。今年3月に発生した東京電力福島第一原子力発電所の事故に起因する放射性物質による被曝から渋谷区の子どもたちを守るため、公表された方針とあわせ、下記の対応を早急に実行に移して頂きたく、お願い申し上げます。


                  記

1.        渋谷区内の放射線量を独自に測定する方針に関する具体的な対応について

1)      保育園・幼稚園・小学校以上の学校・公園などの、子どもが遊び場とする場所の土壌につき、以下の記載項目に関する定期・継続的な測定・調査を実施すると共に、当該測定・調査結果を数値とともに公表すること

       放射線量(α・β・γ線)の測定

       放射性物質(核種)の調査

2)      上記調査の結果、子どもの遊び場として適切ではないと判断される土壌等が含まれる場合には、当該土壌を、人工放射性核種を含まないものと入れ替えること

2.        保育園・小学校以上の学校の給食について

子どもの内部被曝への不安を取り除くため、万全の対策を講じること



                                        以上

平成2368


東京都渋谷区●●●●

放射線被曝から子どもたちを守る渋谷父母の会

代表   大和田        ほか 3,373

渋谷区議会議長 前田 和茂 殿


(2頁目以降に、内部被曝ゼロ対策をとっている自治体の取組み例を事例として添付)



 


 


 


 


 


 

渋谷区 放射線から子どもたちを守る会 プロフィール
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ