前回の記事更新からすっかり更新が滞っており、ブログチェックいただいていた皆様には大変申し訳ありませんでした。お詫び申し上げます。


このたび、
 「放射能から子どもを守る会 千駄ヶ谷」代表メンバーが当会の代表を引き継いでくださることになり、会の体制が刷新されることになりましたので、ここにご報告させていただきます。 





 新代表メンバーがこれまで主催してこられた「放射能から子どもを守る会 千駄ヶ谷」 
の活動内容は以下の通りです。

【2011年 活動報告】 2011/10/16 セイピースプロジェクト隅田さん講演会 主催 お茶会の開催 約月1ペースで開催 ガイガーカウンターと本の貸し出し 7月~ 区議や行政との話し合い・傍聴 4月~ 校長先生と栄養士との話し合い 千小校内除染 2回(10月 12月) 11月『給食に汚染地域の食材を使わないことを求める陳情』提出 等 【2012年 活動報告】 昨年7月~ 区議や行政との話し合い・傍聴 昨年4月~ 校長先生と栄養士との話し合い 1月 衆議院議員との話し合い 2月【渋谷区公明党幹事長 植野修 区議をお招きしてのお茶会】   【渋谷区自民党 斉藤竜一 区議をお招きしてのお茶会】   【渋谷区民主党 芦沢一明 区議をお招きしてのお茶会】 お茶会の開催 約月1以上のペースで開催 ガイガーカウンターと本の貸し出し
(継続中です。メールでお問い合わせを。) ガイガー http://sendagaya.blog.fc2.com/?q=%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%83%BC#entry10 本 http://sendagaya.blog.fc2.com/blog-entry-5.html 今までの活動報告(2012/02/09現在) http://sendagaya.blog.fc2.com/blog-entry-49.html



そして、その新代表メンバーが提出予定の請願があります。
署名のご協力、何卒宜しくお願いいたします。


『給食に汚染地域の食材を使わないことを求める請願』
http://savechildss.web.fc2.com/seigan.html


今後の「渋谷区 子どもたちを放射能から守る会」の公式ページ・MLは以下の通りとなります

ブログ: http://sendagaya.blog.fc2.com/ 
ML: sensho-savechild@auone.jp 
(↑こちらのアドレスにお名前を送信いただけば登録完了!月に数回、メルマガが届きます。差し支えなければ園や学校名、自己紹介等を一緒に書いて頂けると嬉しいです)


こちらのブログとこれまで使用していたHPは準備が整い次第、閉鎖することになります。
参照先の変更をお願いいたします。




最後に、以下は元・代表としての経緯説明と御礼です。
みなさまのご協力・ご支援、今まで本当にありがとうございました。


前回の請願の採択後、率直に申し上げて、私の中で 「行政へ働きかける」ための意欲が停滞してしまいました。

採択までの道のりで、区議さんへの根回しやら、区役所への働きかけやら、基礎資料の作成やら、諸々経験させていただきましたが、そのたびに色々な厚い「壁」にぶちあたって、活動そのものが停滞してしまいました。ひとえに私の力不足で申し訳なく思っています。


しかし、このままではいけないのです!


「渋谷区 子どもたちを放射線から守る会」にとって



「行政への働きかけ」


は非常に大きなミッションであり、地道で継続的な行政への働きかけが今後も(おそらく長期間にわたって)必要です。例え歩みはゆっくりでも、それが結果的に放射能から子どもを守るための取り組みに前進をもたらすきっかけになると思うからです。

そしてそのためには、自発的に動くメンバーが常に運営の中心にいないと、この先長く続く放射能への取り組みを、会として継続させることは不可能ではないかと考えます。 


こうした思いが合致した結果、

 放射能から子どもを守る会 千駄ヶ谷 」


「渋谷区 子どもたちを放射能から守る会」

を統合し、代表を交代することといたしました。





主要メンバーが変わっても、

「子どもたちを余計な被曝から守りたい」

という思いは常にみな同じだと思います。そのために実現したいことは、程度の差はあれ、方向性はみな同じだと思いますから、「最も意欲があり、活発に行政に働きかけられる方に『渋谷区』の代表を務めていただく」というこの結論は、理にかなったものと考えております。


私自身は「守る会」の1メンバーとして、今後も、子どもを守るための取り組みを、時には個人で、時にはみなさんと力を合わせて、引続き取り組んでいくつもりです。


去年5月末にわけもわからず始めた署名活動から繋がっていった皆さまとの不思議なご縁に、本当に感謝しています。

この取り組みを続ける限り、色んな場面でみなさまとお会いする機会があると思います。その時はどうぞまたよろしくお願いいたします。

代表として至らない点がたくさんあり、色々な方々にご迷惑をおかけしたと思います。辛抱強くお付き合いいただき、ありがとうございます。
沢山の方からサポートいただいて、ここまでやってこれたことに、本当に感謝しております。
今まで長い間、本当にありがとうございました。




渋谷区 子どもたちを放射線から守る会

元・代表 大和田