これから10月にかけては、渋谷区内の小学校・保育園(幼稚園も?)などで、運動会が行われるところも多いと思います。

我が渋谷区長は、そうした場所にはよく顔を出されるそうです。

みなさん、もし区長を見かけたら、子どもを守るための取組みについて気になっていることを、どんどん話しかけてみましょう! 

渋谷区を動かすには、区長を動かすのが最短で確実と、多くの方からアドバイスいただいております。
みなさまご協力よろしくお願いします

なお、区長に話しかけるときは、ママ一人で話しかけるより、パパも一緒に話してもらったほうが効果的、とのご意見もいただいております。ご参考までに。

さて。私が区長に話しかけるとしたら・・。
やはり「給食の内部被曝対策」。その前提としての、教育関係者(先生たち)の啓蒙、について話したいと思っています。

その際に他の区の取組み例など引き合いに出したいと思っていますが、どんな風に話そうか・・まだ決めていません。

最近気になっているニュースとして、

「杉並区が食品の放射能汚染測定を行うため、独自に検査機器を購入するらしいこと。そして、どうやら港区でも同様の動きがあるらしいこと。」

があるのですが、購入される機器が食品検査にどのように運用されるのかの詳細情報が取れないため、渋谷区に単純にこれに追随してよとお願いすべきなのか、渋谷区はもっと別のアプローチでもよいのか、私にはまだ結論が出せておりません。


以下は杉並区議会議員のすぐろさんのtwitter引用(@suguronao)です。情報連絡として記載します。

朗報!!杉並区が食品の放射能測定に踏み出した。補正予算で「ゲルマニウム半導体検出器」購入費を計上。約2100万円(備品も含めて2500万円)もする精密機器。これはすごい。土、水、給食の食材などの測定が可能。(納品まで4~5カ月かかるので、その間は専門機関に測定を依頼する)


 区長と話してこんな感じだったよ、とか、こんな情報使えるよ、という方は、コメント・メールで情報いただけたら嬉しいです。