渋谷区 子どもたちを放射線から守る会

放射性物質による無用な被曝から、子どもたちを守りたい。子どもたちに健康な未来を約束したい。           放射能について素人でも、必要な知識を勉強・共有すれば、大きな力を作って行動できると思います。

2011年08月

渋谷区立保育園清掃希望と園長研修の提案を提出しました

8月22日に渋谷区の保育課へいき、係長さんに書類を手渡してきました。
そして、本日、渋谷区のHP「区長へのメール」から、区長にもメールをしました。
https://www.city.shibuya.tokyo.jp/cgi/form/mail_mayor/

子どもたちを無用な被曝から守る為の取組みをお願いすべく、渋谷区役所(例えば保育課)へ直接出向くと、とても丁寧に対応いただけます。

ただ、その場だけいい顔をして資料を受け取っていただいても、実際に行動につなげていただかないことには、全く意味がありません。

私は毎回区役所へ行くたびに、この懸念を感じています。
(なぜならその昔、金融機関で窓口業務を行っていたとき、苦情を言ってくるお客さんについては必ず笑顔で受け止めるものの、自分があまりそれを重要と思わない内容については、結果的に受け流していた私自身の経験があるからです

区の担当の方々に動いていただくためには、区民の声を大きくすることが必要です。

ご賛同いただける方や、ご自身でも働きかけをされたいと思っている方は、それぞれのやり方で渋谷区に対しアクションを起こしていただけると嬉しいです。 その一つ一つが大きな声につながっていきます。

さて、私たちが要望したものは以下のとおりです。続きを読む

活動支援のお願い

「渋谷区 子どもたちを放射線から守る会」では、子どもを被曝から守るための働きかけを継続的に行う予定です。

現在は、主に

給食で使用する食材の安全性確保
校庭・園庭の清掃(除染)による放射線量の低減
 
を目指して、区役所・保育園・小学校の保育・教育関係者に働きかけを行っている最中です。

こうした活動を続けていくにあたり諸経費(たとえば資料の印刷、郵送費、打ち合わせの会場費など)がかかります。

現在はワーキンググループメンバー各自の負担で賄っていますが、例えば食材の自主検査といった、より大規模な活動をするには、もっと大きな資金のバックアップが必要となります。

つきましては、このブログをみていただいている皆さまにも支援をお願いしたく、Amazonアフィリエイトリンクを紹介させていただきます。
続きを読む

勉強会のお知らせ

「渋谷区 子どもたちを放射線から守る会」ワーキンググループに参加してくださっているメンバーが独自に主催しているママと赤ちゃんのためのサークルで、

8月24日 勉強会「おやとしてこどもにできること。」
開催されるとのことなので、こちらでもお知らせします。

以下、ブログより転載です。

こどもを放射能から守るためにはどうすればいいか。
NPO法人市民科学研究室 の上田昌文 さんを講師にお招きし、
講演会を開催します。
すでにあちこちで開催されている「放射能」にまつわる勉強会や講演会。
AKC48が主催の今回の会では、質疑応答に重きをおいて、
今皆さんが不安に思っていることをどんどん聞ける会にしたいと思います。
続きを読む

保育園のお米の調達について

お迎え時、園長先生に呼び止められたと思ったら、仕入れのお米が決まったとの報告。この間私が質問したからと気にかけて頂きました。高知産と宮崎産30キロ。これで9月末まではもつ。その後も九州方面希望していくと。認可保育園です。お隣の認可も同じところから調達しているそう。嬉しい~!』

とTwitterに書き込んだところ、とても反響をいただいてしまったので、ブログでもご報告します。続きを読む

農水省へメール: 「米の放射性物質調査」について

農水省が秋の新米の収穫に先立ち、放射性物質調査の方針を発表しています。

「米の放射性物質調査の基本的な考え方について」
「米の放射性物質の調査の仕組み」
「Q&A」
http://www.maff.go.jp/j/soushoku/kaigi_siryo/110803.html 



内容は、土壌の放射性セシウム濃度が高い(1000Bq以上)地域で、収穫前と収穫後の2段階にわけて米の調査を行うというもの。

対象区域は「福島、茨城、栃木、群馬、千葉、神奈川、宮城、山形、新潟、長野、埼玉、東京、山梨、静岡」です。

ようやく、関東一円とその周辺まで、収穫の事前に調査が及ぶことについては、とてもありがたいと思っています。



ただ、気になることが1点あるので、農水省へメールをしてみました。

内容を掲載します。かなり急いで書いたので、内容は粗いです。(勘違いしてたりする内容があったらご指摘ください)

でも、もし賛同いただけるなら、是非みなさんも(コピーしてもかまいませんから)同じような内容のメールを送ってみていただけませんか?

私一人ではたった1件、無視されてもおかしくないメールですが、同じような問い合わせが 1000件も2000件もきたら・・・さすがに少しは考えてくれるのではないかと思うのです。続きを読む
渋谷区 放射線から子どもたちを守る会 プロフィール
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ